日本共産党について

  1. ホーム
  2. 日本共産党について

日本共産党の紹介

国民の苦難軽減を目指して

日本共産党の立党の精神は、「国民の苦難軽減」です。
1922年にスタートした、日本の政党の中で一番長い歴史を持った政党です。

党員は、全国に約305,000人。国会議員は衆議院21人、参議院11人、地方議員は約2,700人です。

共産党が発行する「しんぶん赤旗」(日刊紙・日曜版)の読者は約1,241,000人です。
(2016年2月現在)

photo:福祉イメージ

活動

各地で宣伝活動

集団的自衛権行使容認など、戦争をする国づくりをストップさせるため、各地でハンドマイク宣伝を行ったり、横断幕を掲げた宣伝活動など行っています。

各地で「集い」

どうしたら政治の行き詰まりを打開できるのか、その展望を日本共産党の綱領の立場で語り広げる運動「集い」に、全国各地で取り組んでいます。

党員
  • 党員は、職場・地域・学園などいずれかの支部に所属し、その一員として活動します。
  • 支部は、それぞれの職場・地域・学園などで党を代表して活動します。支部の党員が皆で相談し、方針や計画を持って、分担して活動します。
  • 党員は、「しんぶん赤旗」(日刊紙・日曜版)を読む、支部会議に参加する、学習に努め活動に参加する、党費(実収入の1%)をきちんと納める、の4点を大切にして活動します。(「四つの大切」)

日本共産党に入党するには

18歳以上の日本国民で、日本共産党の綱領と規約を認める方は、党員になることができます。
「入党申込書」に記入し、お知り合いの党員2人の推薦をうけ、入党費300円とともにお申し込みください。

綱領は、日本共産党の根本の方針を定めた文章です。日本と世界の歴史と現状をふまえ、国民の利益を守るためにどんな日本を目指すのか、どのような世界をつくっていくのかについて、当面の具体的指針とともに、未来社会の大きな目標を明らかにしています。

規約は、日本共産党が目指す目標を実現していくために、日本共産党がどんな政党で、どんな活動に取り組むのかを明らかにし、組織を民主的に運営し、統一した力を発揮するための原則・ルールを定めています。

入党が決まりましたら、新入党員教育で綱領と規約について学びます。

photo:入党イメージ
日本共産党綱領はこちら
日本共産党規約はこちら
日本共産党入党のよびかけ
お問い合わせフォームはこちらから
入党に関するお問い合わせ 日本共産党宮城県委員会
日本共産党入党のよびかけ お問い合わせフォームはこちらから 入党に関するお問い合わせ 日本共産党宮城県委員会TEL:022-267-1511FAX:022-224-8022
日本共産党
しんぶん赤旗
日本共産党カクサン部
日本共産党宮城県委員会ブログ
Copyright © 日本共産党宮城県委員会. All Rights Reserved.
PAGE TOP